膝の痛み サポーター おすすめ

膝の痛みの原因はプロテオグリカン!?


関節が痛い。
最近、階段を上がるにも膝の痛みが気になってきた。  
女性や老人に、特に多くみられる関節痛の症状。

 

関節にある軟骨成分が原因

軟骨は、コラーゲン線維とプロテオグリカンが結合し、
更にヒアルロン酸を含むことで水分を十分に含んだ柔らかいスポンジ状のものとなり、関節にかかるショックの吸収する役割や、骨同士が摩擦して摩耗していくことを防ぐ役割があります。

 

特に軟骨に含まれる成分の中で、プロテオグリカンは関節痛の薬にも使用されているコンドロイチン等から形成されている糖たんぱく質です。  

 

正常に軟骨が働いているときは関節に痛みはないのですが、
過度な負荷や自重などに耐えられなくなったり等の要因で軟骨に小さな傷がつくと、徐々に軟骨を構成しているコラーゲンやプロテオグリカンが破壊され軟骨はすり減っていきます。

 

薄くなると骨同士が傷つき、その修復の過程で骨の棘が出来る事もあります。  
そのような過程を経て、関節痛は起こるのです。
このプロテオグリカンやコラーゲン線維、ヒアルロン酸の構造を出来る限り維持する事で関節痛を和らげることができます。
その一つとして、関節の動きを助けるサポーターがあります。

膝の痛みを抑えるおすすめサポーター。


動くのもきつい関節痛による膝の痛み。
しかし中には、どうしても動かなければいけない時があると思います。

 

関節痛を和らげる為に効果的な装具として、サポーターがあります。

 

特にサポーターの中でも支柱付きのものが、怪我のリハビリにも使用されており、安定して踏ん張れるので行動するときに役立つでしょう。

 

装具をつけることで膝にかかる負担を減らし、骨の摩耗や軟骨にかかる負担を減らすことができます。  

 

おすすめのサポーターをご紹介!

関節痛の方は上記でも記載した通り、支柱付きのものがおすすめです。

 

支柱が入っているタイプだと、スポーツや医療用のサポーターが上げられます。
医療系やハードなスポーツ系で有名なメーカーとしてSIGMAX社があります。

 

もし販売しているものが合わない人でもオーダーメイドで、その人にあうモノを販売しています。
膝一つとっても、サポートする場所を種類分けもしているので自分に合ったモノを選べるはずです。  

 

また、痛みに応じて締め付ける強さの度合いも自分に合ったモノにしましょう。

 

使用中は、関節の痛みも和らぎますが筋肉への負荷も減るので、あまりに強すぎると筋肉が衰退して痛みが再来する可能性もあります。  
自分にあったサポーターをみつけ、関節痛の改善に取り組みましょう。


このページの先頭へ戻る